当道場は剛柔流剛柔会と剛柔会大山道場の流れを汲み、昭和三十年代の武術的な要素が濃い空手道を柱としながらさらに新しい技術にも取り組み現在に至っております。
さらに各種大会にもルールにこだわる事なく若い人を中心に積極的に参加し好成績を残しております。
 
<<<稽古内容>>>
●基本稽古 伝統的な空手道の手技、足技、受技等の基礎を身に付けます。
●型の習得 主に剛柔流の伝統的な型を指導します。
伝統文化としても価値のある鍛練であると共に、歳をとってからも一人でできる健康法としてもたいへん有効です。
●限定組手 ミットや防具を使用して段階的にかつ安全に実戦的な技術を身に付けます。
 

(サイズ:17.4 MB)

佐藤賢一師範代による演武

警視庁勤務 H氏(土浦道場)の結婚式にてバット折り(4本)と
氷柱割り(15cm×4段)の演武を披露